エコキャッププロジェクト

ペットボトルのキャップを集めることで世界のこどもたちにワクチンを贈ることが出来ます。

地域貢献活動(CSR活動)の一環として2010年から2014年まで「エコキャッププロジェクト」と題し、世界の発展途上国の栄養失調や下痢、また予防できる感染症で命を落としている子どもたちに、ワクチン購入することができるよう、ペットボトルのキャップを集めて寄付いたしました。

結果報告

2010年度 6,852個
2011年度 6,748個
2012年度 27,520個
2013年度 48,590個
2014年度 70,348個
累計 160,058個
※ポリオワクチンの場合 187.3人分
※BCGの場合 535.1人分

キャップ1kg(430個)で3.15kgの二酸化炭素が発生しますので、1,180kgのCO2削減に貢献したことになります。

ワクチンを購入するのに必要なペットボトルの数

  • ポリオ(小児マヒ)
    一人分/ペットボトルキャップ 約860個
  • BCG(結核)
    一人分/ペットボトルキャップ 約301個

私たちは、小さい頃に受けた予防接種のおかげで、ポリオ(小児マヒ)や、はしか、ジフテリア、百日咳などの6大感染症から守られています。

当社のこの活動に賛同いただいたお取引先様や、イベント会場に設置した回収ボックスにキャップをお持ちいただいたお客様のお力も加わり、当初の目標より大幅に上回った数を寄付することができました。
ご協力くださった皆様には、心よりお礼申しあげます。

ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。(一部ご紹介)

その他、大勢の皆様にご協力いただきました。

明治産業は、ひとり、ひとりの小さな活動の積み重ねで社会や地域、子どもたちの未来にプラスを提供できる企業でありたいと願い、社会貢献活動に積極的に取り組みます。