トップページ >  個人のお客さま  >  サポート  >  こんな時の対処方法

こんな時の対処方法

LPガスを安全に、快適に、ご利用していただくために

ガス漏れに気づいたら

  1. ガス臭いとき、警報器が作動したときは、窓を開けて十分に換気を!
    注意:蛍光灯や換気扇、家電の電源スイッチを入れたり、警報器のプラグを抜いたりしないで下さい。
  2. ガス機器の停止、ゴム管の損傷などを確認後、すべてのガス栓、器具栓を閉めてください。
  3. ガス供給会社へご連絡ください。

写真:ガスコンロ

ガスが止まってしまったら

原因は次のケースが考えられます。

  • ・異常使用(外出中のガスファンヒーターの消し忘れや、お湯の止め忘れなど)やガス漏れ、地震が起こった場合。*マイコンメーターが安全上、ガスを止めたためです。帰宅したらガスが出ないときは、こちらのケースが考えられます。
*マイコンメーターとは
ガス使用量を計測し、異常な流出や長時間の使用、ゴム管のヒビや抜けなどのガス漏れに反応し、供給を遮断します。

写真:ガスボンベ

地震が起きたときには

  1. 地震がおさまってから、ガス機器の器具栓を閉め(消火)、ガス栓(元栓)も閉めてください。
  2. しばらくの間、ガス臭がしないかよく確かめてください。その間、換気扇などの蛍光灯や換気扇、家電の電源スイッチを入れたり電気類のスイッチには絶対に触らないでください。
  3. ガスの臭いがしないときは
    • 再びガスをお使いになるときは、再度ガス臭くないかよく確かめてからガス栓を開いてください。
    • ガス栓を開いてもガスが出ないときは、安全のためマイコンメーターがガスを遮断している場合があります。マイコンメーターの復帰方法手順に従って復帰してください。
  4. ガスの臭いがするときは
    • すぐに窓や戸を開けて換気してください。このとき、換気扇などの電気類のスイッチには絶対に触らないでください。
    • ガス供給会社へ電話し、屋外に避難してください。

写真:地震による地割れ

ガス漏れ警報器が鳴ったら

いざというときは、あわてずに安全を確保してから連絡をください。
警報器は、ガス濃度が爆破限界濃度の1/100に達した時点で鳴り出すよう設定されています。慌てず、落ち着いて行動してください。LPガスは低いところにたまりますので、ご注意ください。

写真:警報器

ご自宅にいる時

  1. 換気! : 窓を開けて換気をして下さい。
  2. 閉める! : ガスの元栓を閉めてください。
  3. 連絡! : しばらくたっても警報が鳴り止まなければガス供給会社へご連絡ください。
  4. 調べる! : 警報音が鳴り止み、ガス臭がしなければガスもれの原因を点検してください。
    (ガスもれの原因として、煮こぼれ、ゴム管のはずれ、ゴム管の亀裂、ガス器具の立ち消えなどが考えられます)。

外から帰宅して警報器が鳴っていることに気がついたとき

  1. 換気! : 部屋に入らず室外から窓を開けられるときは開け放して喚起してください。
  2. 閉める! : ガスメーター近くにあるメーターガス栓を閉めてください。
  3. 連絡! : しばらくたっても警報が鳴り止まなければガス供給会社へご連絡ください。
  4. 調べる! : 警報音が鳴り止み、ガス臭がしなければガスもれの原因を点検してください。
    (ガスもれの原因として、煮こぼれ、ゴム管のはずれ、ゴム管の亀裂、ガス器具の立ち消えなどが考えられます)。
※殺虫剤等によるガス漏れ警報器の誤作動について
夏場になると、殺虫剤等を噴霧した際、警報器が反応して警報を発することがあります。殺虫剤等の噴霧が、警報器にかからないようご注意ください。
*もし明らかに殺虫剤によるものと判断された場合は、電源を抜けば警報は止まりますが、必ず再度電源を入れるのを忘れないようご注意下さい。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談のご依頼などは、インターネットおよびお電話にて承っております。

インターネットでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

092-736-7711 受付時間:平日10:00~17:00

ページの先頭へ戻る

〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル4F TEL 092-736-7711 FAX092-736-7714

Copyright © MEIJI SANGYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.